秋バテ防止5つの対策

涼しくなったからといって油断しないでくださいね。
「夏バテ」ならぬ「秋バテ」対策をたてましょ〜

こんにちは、ボディラボプラスの田中朋秋(ほうしゅう)です。
9月に入いり朝夕涼しくなって随分過ごしすくなりました。

この夏の猛暑は普段元気な人でも体力的な負担が大きかったと思います。
毎年夏でもエアコンを極力つけないようにしていたけれど、
今年の夏だけは、『もうエアコンなしでは無理でした〜』と
おっしゃられるサロンのお客様がたくさんいらっしゃいました。

私も今年は、「女の子は冷やしたらアカン」といいつつ、
冷たいもをついつい口にしてしまい、
クーラーの中でも素足で短パンでいることの方が
例年の夏に比べて断然多かったです。(笑)

猛暑とは裏腹にそんな生活を続けていた私たちのカラダの中は
氷のように冷え切っているということを忘れないでくださいね〜

そして、追い打ちをかけるのが、
この急激な気温の低下です。

急激な温度変化は自律神経のバランスを崩してしまいます。

いわゆる、秋バテと呼ばれるものです。

秋バテ
最近なんとなくやる気がでないなぁ〜、と感じるのは、
リラックスの神経である副交感神経が優位になっているからです。

そして、夜なかなか眠むれない、肩こり、
カラダの疲れがとれないなどと感じるのは
緊張の神経である交感神経が優位になっているからです。

「秋バテ」対策としては、カラダを温めしっかり休養をとることです。
具体的な対策としては、

1 シャワーを止めてゆっくり湯船につかってカラダを温めましょう。

2 規則正く、バランスのよい食事を心がけましょ。
特に弱った胃腸を整えるためにも冷たいものは控え、
暖かいものを摂るようにしましょうね。

3 朝起きてすぐに白湯を飲む。(秋超おススメ)
内臓が温まりカラダと頭がスッキリしますよ。

4 夏に比べて秋は汗をかきにくくなるので軽く運動をする。
くれぐれも頑張りすぎないでくださいね。(ストレッチなどがいい)

5 お布団を厚めのものに変えて、長袖、長ズボンの寝具に。
お腹を温める腹巻も着用してくださいね。

秋は夏の疲れを回復させ、カラダを冬の寒さに備える季節です。
夏の生活習慣を見直し、少し意識するだけで秋バテを予防できますよ

せっかくの気持ちのいい季節、元気なカラダで気持ち良く楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
The following two tabs change content below.
田中朋秋

田中朋秋

活性リンパオイルマッサージ施術者 施術スクール からだラボ術主宰 有限会社 T・H・ボディーラボプラス 代表取締役 43歳の時体調を崩し、リンパオイルマッサージに出会う。自身が元気になった経験を通してリンパオイルマッサージの施術を学び、2004年、兵庫県西宮市に「活性リンパオイルマッサージ専門店 ボディラボプラス』を開業。「女の子は冷やしたらアカン」をスローガンに女性の元気と綺麗の応援団として活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です