リンパが滞るとおこる7つの不調

体調の不調からメンタルの不調まで、リンパの滞りはさまざまなトラブルの原因になります。

私がこのリンパオイルマッサージの施術者になったのは、私自身が体調を崩して私の師匠のサロンへ通い始めたのがきっかけです。その時まで自分の体調不良がリンパの滞りと関係しているなんて全く知る余地もなかったです。それ以前に「リンパ」がどんな働きをするのかさえも知りませんでした。(笑)

リンパの働きは大きくわけて二つあります。一つ目は「免疫機能」二つ目は「体の中のゴミ(老廃物や有害物質)回収機能」です。そのリンパが滞ると次のような体の不調がおこります。

リンパが滞るとおこる7つの不調

1 風邪を引きやすくなる 風邪が長引く

リンパが滞ると、リンパの働きのひとつである免疫機能が落ちます。そのためウイルスに対抗する力が弱くなり風邪をひきやすくなります。また風邪がなかなかなおらず長引きます。

2 肩こり、首こり、ストレスを感じやすくなる

体のゴミ回収システムが上手く機能しなくなると、体に老廃物がたまります。老廃物がたまると血流が悪くなり肩こりや背中コリ、首のコリを感じ、体が疲れやすく、自律神経のバランスが崩れてイライラしてきます。最近なにげにイライラ感を感じる人は要注意ですよ。

3 体温が下がり、体が冷えやすくなる

リンパが滞ると、老廃物や余分な水分が回収されなくなるなるため代謝が落ちます。代謝が悪いと体温は上がらず内臓の働きが低下して、全身の血行が悪くなり体が冷えます。体が冷えると、リンパの流れがさらに悪くなり代謝が下がりかつ血行も悪くなる・・・というような悪循環に。

4 脂肪が燃えず太りやすくなる

リンパは筋肉をほぐすことで流れが促進されます。リンパが滞ると、リンパ液の中の中性脂肪や老廃物が体の中にとどまることになり、脂肪を引き寄せます。

5 女性ならではのトラブル
そけい部(太ももの付け根)にあるリンパ節が滞ると骨盤内の血流が悪くなり、子宮や卵巣などの性殖器の働きが悪くなります。すると、女性ホルモンの分泌が低下し、ホルモンのバランスが崩れます。ホルモンバランスの乱れは生理痛や更年期障害などの症状を悪化させます。
6 眠りが浅い なかなか眠れない

リンパが滞ると体の中に老廃物がのこり筋肉がカチカチになります。そうなると、寝ている時も体が脱力できなくなり緊張が続いている状態です。つまり、緊張の神経、交感神経が優位になり、リラックスの神経、副交感神経が働きにくくなり、質のいい睡眠がとれなくなるのす。朝起きても体が疲れているという人や、夜中に目がよく覚める人は要注意です。

7 シミ、たるみ、しわができやすく、老け顔になる

顔の周りの首や頭のリンパが滞ると、顔に血流が行かなくなり皮膚の細胞に十分な栄養がいかなくなります。
その結果皮膚の新陳代謝が落ち、どんなにいい化粧品を使ってもなかなか改善しにくい、くすみ、たるみ、しわなどができやすくなり顔の印象を老けさせてしまいます。

以上リンパが滞るとおこる7つの不調です。一度チェックしてみてくださいね〜

 

 

 

 

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someone
The following two tabs change content below.
田中朋秋

田中朋秋

活性リンパオイルマッサージ施術者 施術スクール からだラボ術主宰 有限会社 T・H・ボディーラボプラス 代表取締役 43歳の時体調を崩し、リンパオイルマッサージに出会う。自身が元気になった経験を通してリンパオイルマッサージの施術を学び、2004年、兵庫県西宮市に「活性リンパオイルマッサージ専門店 ボディラボプラス』を開業。「女の子は冷やしたらアカン」をスローガンに女性の元気と綺麗の応援団として活動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です